スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年12月30日

AK外部ソース化 組み込み

ガスブロ熱が急に上がった2015年でした 4月にはWEM14外部ソース化やマルイM4を外部ソース化などいろいろ考えてましたが
費用がとんでもないので妄想でいつも終わってました。

8月に高松市であったインドアゲームで電動ガンのマガジンを使うガスブロ外部ソースを使っている方がいて 自分もコレいいなーと思い
電動ガンLCT Akを外部ソース化するきっかけになりました。 

ガスブロ外部ソースってマガジンにいろいろバルブ入れ替えとか費用取られるのがネックかなと感じていたので手が出せなかった所ですね

電動ガンのマガジンを使うガスブロについていろいろ検索かけていると ASCSユニットというものに行き着きました。

たまたまオークションで出品されていて、LCTのAKに適応する物でたまたま友人がLCTのAKを手放すそうなのでたまたま材料がそろった感じですね、すっごい都合良かったです。

材質変更等で強化されたユニットはパテントの都合上日本ではなかなか出回らない一品らしいです。




ボルト部分がすっごい重くてリコイルが結構来そうですね

とりあえず分解して メカボックスとアウターバレルの一部分は取っ替えです



アウターバレルのネジ部分がネジロック材ですっごい固かったのでバイスで固定してモンキーレンチで挟んでやっと取れました




とりあえずチャンバー入れ替え後になります


位置合わせして組み込みです




バレル関係が終わったらメカボに相当する機関部の組み込みになります

ユニットの公式ページにはLCT AKドロップインと書いてあってポン付けかなーと思っていましたが 組み込み動画を参考にしていた所
数箇所穴が空いていなかった為 穴あけを行いました

M4ナベネジを入れている所 メカボを固定する穴ですが無かったため加工




セレクター関係が入らなかったため穴あけ加工



組み込みをしたあと エアタンク回りは一切手をつけてないので エアホースにコンプレッサーの空気を直接入れ動作確認をしました

無事に動いてくれたので次はエアタンク周りと初速周辺です。














  

Posted by うのはら at 00:49Comments(0)エアガン

2012年06月16日

M14 ショート化

先日購入した PDI鋼鉄アウターバレル(390)をM14に装備しました

以下分解画像・・・

分解は トイガン解体新書を使いました あると便利ですよね

アウターの付け根にある 出っ張りが折れてました これが折れると アイアンサイトがしっかり水平が出なかったりといろいろ弊害がありそうですが 今の所問題なく使えてます




アウター組み替え インナーの先端がだいたいハイダーの先っぽになります



組み込み完了 M16とのサイズ比較


パッと見1メートル位かなと思います 結構コンパクト?になりました インナーバレルも500ミリのままです


7月の3連休位に バンガード行きたいです  
タグ :M14M14SOCOM

Posted by うのはら at 23:09Comments(0)エアガン

2012年05月12日

M16 木スト計画(下準備)

M16の木製ストックを作ってみたいと思います

イメージ(画像はAR10)


ちょうど M16のストックの厚みと同じ位の木材を見つけたので購入しました(500円位)

なるべく節のないものをチョイス



まずは ストックの形をライン取りです


その後の作業は 中をくりぬいたり ヤスリがけして油を塗りこんだりして 仕上げです 

どうやって穴を開けたりするかは 未定です 

明日はストックの形に切り出す作業です。  

Posted by うのはら at 21:28Comments(4)エアガン

2012年03月29日

こんなはずでは・・・

前回の新居浜バンガード戦で分かったことは

長い銃か 短い銃かで 中途ハンパなサイズのやつは仕事があまり・・・

(M733)位が中途ハンパなサイズでしょうか?

 セーフティゾーンでは新しい銃のトライアルが行われており うんたん氏の言う理想形?は


MP5SD系のストック無しかつハイサイがベストだそうです

画像はイメージです

 

で自分はG3SASがあるんで当分それでいいとして

個人的に脳内 トライアルをしていました

条件 マルイ次世代←これ大事

M16系列以外← M16A4があまりにも不憫になるから

M16系 マガジン互換 ←あればいいな位で

これでマルイ次世代だと G36CとK SCARが残ります

この二つって結構似通っているんですよね

ストックっは折りたためますし・・・

で最終的には G36Kを採用することに

絶対 BIO4のSL9とMW3の G36CとMG36の影響が大きいです

なぜお馬さん式 G36系統を採用しないのかというと せっかくのブローバックなのにただ動いているだけだとか・・・ 

G36Kのガスピストンの中の高い音がないのは残念なので・・・

36Cでないのは エセSL9にするからです


自分が採用する奴はなんでも 長くなっていきます なんででしょうね?


インナーバレルは最終的に 509ミリまで伸ばそうかと・・・

内部はもう ごちゃ混ぜで

予定 

ピストンヘッドは ライラ

シリンダーは バトンフルサイズ

バネは KM0.98J

シーリングノズルとタペットは純正仕様で

インナーは モデファイの6.03 
パッキンは モデファイリブ付きパッキン
HOPゴムは H-HOP

位です 

ストックは固定だとか フレームはメタルだとか言ってたのが嘘みたいです

36Kは折り畳めるし メタフレなんて存在しませんし フリーフローティングバレルは正面からの見た目が(ry


とかいろいろ言ってましたが なんかあったんでしょうね~

五月の連休にでも サバゲしませんか?



  
Posted by うのはら at 22:59Comments(0)エアガン

2012年02月28日

M16え~よん

タイトル通りM16A4(G&P)です。

↑この画像しか 全体像が映ってないですorz

上から 
G3SAS M1A1トンプソン M16A4 M14DMRです

サイズ的には サブマシンガンとバトルライフルの中間と言ったところでしょうか? 
なんか違いますね 

4面レイルを装備してるので いろいろと装着し放題ですが何を搭載しましょ

ACOG+M203辺りがベストかな~と思っています。

中華銃にしては珍しくストックを工具なしで開閉出来ます(ここ大事)

同じ固定ストックでも M14MCRとは全然作りが違います

刻印は ちゃんとFN刻印


M16系統は無知なのであんまりよく分かりません

お次はマガジン比較



左が20連ショートマガジン 右が30連マガジン

結構差があります



M14のマガジンと比較

7.62の方がワンサイズ大きいといった感じです 
他のと比較




試射はGP付属のマガジンではなく マルイ製ショートマガジンを使用しました
回転が速いといった所でしょうか? 
GPコンプリートのレビューをみる限り 標準でM120ハイスピードだとか(自分の目では確認していません) セミオートが二発になったりするんですが 一番の難点はセミロックするのが困ります。
高回転なら EG700が一個余っているので 気が向いたら移植という方針で


内部パーツ交換等は 
「ガンショップわさび」でやって頂きました いつもお世話になっております

交換品 メーカはライラクスです
M90スプリング 
シーリングノズル
フルサイズシリンダー
シリンダーヘッド
チャンバーパッキン(紫)
です 平均初速は 95m/s
HOP調整かねて飛距離をみるとM14よりもいい感じで飛んでいました


3月4日は いつも通りフィールドでゲーム

3月11日は 初の新居浜バンガードでゲーム(ここテストに出ます)

楽しみですね~

  

Posted by うのはら at 23:42Comments(2)エアガン

2011年06月11日

KAトンプソン分解!

この前のプチ香川交流戦で、導入した


KA製トンプソンをメンテ兼分解です

これで、撃たれた方もちらほらいるのではないでしょーか?

基本的な分解は
コチラを参考にしました 

http://gunners-saloon.srv7.biz/bunkai/ar/t/1.htm

まずは、ストックを分解します

ネジは3本外すと、外れます

フレーム側とストック側には、コネクターがあるので、破損注意


アッパーフレームのボタンを押しながらずらすと

メカボックスが出てきますが現段階では、取り出せません



グリップの裏のネジをゆるめるとグリップが取れてモーターが出てきます

スマイナスといって、+でも-でも両方のドライバーでも対応しています


で、木製のグリップは薄い部分もあります

メカボックスを取り出すには

モーターとセレクターを外せば取り出しが可能になります


セレクターには、小さいバネと小さいパーツがあってとりはずす時にバネの

テンションで飛び出るので紛失注意です

セレクターのパーツ一覧



モータは+ネジ2本でモーターホルダーごと取り外せます


いよいよメカボ分解です



VER6メカボなので、ネジ2本で、スイッチを取り外しできます。

ネジを3本外して 上のカバーを外すと分解可能になります

ギアと吸排気系






メカボからは切削油や

マシニングセンターで使うような緑色をした潤滑油?
が出てこなくてよかったです。

しかし、海外でこんだけ豪華だとマルイ製品も危ないでね


組み立ては逆手順で・・・


マルイ製品との違い

マルイ

アッパーフレームは 亜鉛ダイキャスト

ロアフレームは 樹脂製

ストック等は樹脂製

KA

アッパーフレーム ロアフレームはアルミニウム製

ストック グリップ ハンドガードは木製

位です


分解から組み立てまでは、3時間かかりました


はじめてメカボを分解して組み立てれたので、なんとかなりました  

Posted by うのはら at 20:56Comments(1)エアガン